January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「僕ら地球」ーEGAO DE コラボー

転生輪廻の糸を断ち切って
二度と再び人として
生まれ変わることなく
輝く星になる
そんなチャンスが巡ってきました
幾千年の時を経て
今ガイアの最終章……
そして
新たな愛の始まり
ガイアの夜明け
地球が輝く星になる

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「僕ら地球」
果てしない旅

輪廻が見せた数々のドラマ

降り立った地球

泣いた数は数知れず
笑った数も数知れず

織りなす一つ一つのご縁

僕らはいつだって
光を目指して来たさ

君の笑顔を胸に抱きしめ

苦しみを越え
悲しみを越え

痛みに泣いた日々もあるけど

この地球がやっぱり好きで

この地球で一つになりたくって

僕は僕になって

君は君になって

歌って 踊って 祈って

風にそよいで
水に流れて
虹となって

繋がり続ける命の光

ただただ信ずる地球の夜明け
ただただ愛する地球の仲間

「生きていくという祈り」 ーEGAO DEコラボー

「自我があってもならず
なくてもならず」
私たちが楽しむ
あのジグソーパズルの一片
それだけでは
何の意味も見えませんが
1つのパズルを完成させるためには重要な一個でもあります
一片がなければ
いつまでもパズルは完成しません
人間も同じように
私が私になることで
宇宙のパズルは
一歩完成に近づくのです
人も今世与えられた場で
ただ優しく、美しく、愛おしく
あるがままに咲くその姿に
地球生命体の一細胞としての
輝きがあります
私も貴方も全体の中の
大切な大切な命なのです

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「生きていくという祈り」

靴紐がほどけた

かがんだその刹那

心に飛び込んできた

小さな小さな黄色の花

名前も知らないその花

身体は小さな花だけど
鮮明な黄色が

心に広がり沁み渡った

気づかれなくても
踏みつけられても

ただただ咲く

僕もそうあれたら・・・

生きていることそのものの美しさ
生きていることそのものの輝き

いつだって自らを誇っていいんだ

花はただ花であることを喜ぶ
すべての花が喜んでいる

人間もそうあれたら•••

うつむく君に伝えたい
自分が嫌いな君に伝えたい

君が君であること
ただそれだけで素晴らしい

君が君であること
ただそれだけで愛されてる

人知れず咲く花

君も君を生きていけたら•••

そこに雨が降る

そこに太陽の光降り注ぐ

そこに風が吹く

そこに虹がかかる

宇宙の愛はすべてを包んでいる

君はただ生きていく

生きていくという祈り

何よりも美しい祈り

君を見て涙溢れる

「ピアノと月〜灯火となって」ーEGAO DE コラボー

ピアノの音色と月の光
芸術の調べを
より上質な芸術に高めていく
「 闇の力 」
闇という文字の中には
音が入っています
天の音色を門の中で
大切に護っている闇!
人は辛抱するほど
心が満たされていきます
その辛抱が隠しきれずに
滲み出た灯火が
闇を得て、美しく照らし出し
そのハーモニーが
更なる芸術を生み出していきます


福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀


「ピアノと月〜灯火となって」

ピアノの音色一つ一つが
心に寄り添ってくれる

心が曇った時は
優しいピアノの音に
抱きつくんだ

忘れかけていた
大切なこと
温かさ

胸の奥から湧いてきて

微笑みがこぼれる

月と目があった瞬間の
あんな微笑み

僕の好きな世界

社会のノイズなんかシャットアウト

ホントはいつだって
自然界の愛に抱かれていたい

ホントはいつだって
芸術の美しさにくるまれていたい

でも社会で苦しむ君がいる
でも闇でもがく君がいる

だから泥にまみれても
だから何かを忘れそうになっても

僕は君に会いにいく
闇に向かう

自らの灯火を信じて

灯火となって 灯火となって

君を照らしたくて
君に会いたくて

「命の家族〜ぬくもりのうた」ーEGAO DE コラボー

 凸と凹
神様は「ひとつ」を
二つに分けることで
喜びを創造しました
アダムとイブ
イザナギとイザナミ
私達の先祖

私には父と母
父と母にもまた父と母
2、4、8、16……と数が増え
25代で3,355万4432人という
大先祖を抱えることになります

しかし始まりは
凸凹二つから……
先祖を辿れば辿るほど
多くなるのはなぜでしょう
つまり私達はどこかで
重なりあい
繋がっていたのですね

私達は家族だから……
「あなたが幸せだと私も幸せ」
心を開くと、喜びの中から
そのつな繋がりが感じられる
それは神様の命の雫


福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀


「命の家族〜ぬくもりのうた」

胸に手を当てる

心臓のドクドクという音

その音に神様の声も聴く

生きていなさいって声

世界にあなたが必要だよって声

神様の想いは

命の一つ一つに行き渡っているね

神様に愛されてない命ってない

ぎゅっと大きな愛で抱きしめて

命を温かく温かく見守っている

君はね、君でいいよって

君のそのままを愛しく想ってる

目を閉じて心でそっと微笑んで

生きてるぬくもり
感じてみて・・・

そうなんだよ

僕らはぬくもりとともに生きている

ぬくもりって愛だ

太陽みたいになろうなんて
言わないけど

ぬくもりの世界は忘れないでね

泣き虫の君
意地っ張りの君

そんな君が愛おしい

共に生きる魂の仲間よ
地球で生きる命の家族よ

繋がりという真実
ぬくもりという本当
今響きあおう

大好きな地球とともに

「新たな世界」 ーEGAO DE コラボー

「話」は自らの思いを
解き「放す」
すべてが解き放たれ
やがて訪れる一瞬の「静寂」に
言葉を超えた「祈り」が始まる
「 祈り」は新たな地球の始まり
それは笑顔物語の始まり


福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀


「新たな世界」
淡く優しい色

一瞬の静寂が世界に描いた絵画

固唾を飲みすべてを想い出した

溢れ出る言葉に

心はもはや追いつかない

天界の意思が瞬時に場を清め

現界では無数の祈りが

青き星を包む

今ここに開かれた新たなゲート

魂の目覚め

龍神の舞 女神の微笑み

癒された歴史 癒された地球

もう苦しまないで
もう悲しまないで

ここから始まる
新たな地球
新たな歴史

「生きていく力」 ーEGAO DE コラボー

新緑萌える5月
生命力溢れる季節を
丸ごと吸い込めば
心がウキウキ弾みます。
季節の力に支えられて
今日も生かされていることに


感謝! 福田純子

(=´∀`)人(´∀`=)

---------------------------------------

「生きていく力」黒瀬直紀

新緑に包まれて

愛犬と歩く穏やかな午後

木々は空間を払い清め

風が痛んでいた気持ちまでも

遠くへと運んでくれた

生命力を感じさせる季節

身体の細胞という細胞も

どこか嬉しそう

弾むように歩く愛犬を追いかけながら

遠目で山に見入る

悲しみの過去がすべて
癒されたわけじゃない

心の雲がすべて消えたわけじゃない

でも日々出会う一つ一つの
優しさが心をなぐさめ

一つ一つの命の交流が
心を勇気づけてくれる

僕は大丈夫なんだ

注がれる光と抱き合うたびに

確信という揺るぎなさが

沸き起こる

生きていく力

それは支え合う命の躍動

歩くごとにありがとうの想い
強くなるよ

「ぬくもりの午後は」ーEGAO DE コラボー

物の時代は何でも「物差し」
こころの時代は「こころざし」
そしていよいよ
天とさし向かう
「祈りの時代」に....
人は今
それぞれの世界から
それぞれの在り方で
愛と感謝を捧げ、笑顔と共に
祈り始めた!


合笑 福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)

-------------------------------------

「ぬくもりの午後は」
黒瀬直紀
命そのもののぬくもり

命そのものの優しさ

太陽の暖かさにくるまれ

風に背中を押されて

命という命を感じていた

僕が僕であることも

君が君であることも

花が花として咲くことも

一つ一つに大きな意味があって

一つ一つが神様の願いなんだよね

世界の彩り 世界の調和

想い想いの音を奏でながら

想い想いの道を歩みながら

すべてが必然であるという奇跡

神様を感ず
神様に恋する

神様に溶け込みたくて

祈り
愛であろうと
大空に誓う

自分を抱きしめること
人を抱きしめること

その温かな気持ちは
きっと神様へ・・・

午後の気だるさ

ふいに出るあくびに
君は少し笑った

柔らかな時間
柔らかな陽射し

大丈夫の詩、作ったよ^_^

 Facebookを通じて運命的な
魂の出逢いをした黒瀬直紀くん!今では魂の親子として
毎日彼の詩に小さなコメントを
付けてコラボでお届けしています
今日は直ちゃんが
「大丈夫は幸せになる魔法の言葉」の本を読んでとても素敵な詩を書いて下さいました!
ここにご披露致します(o^^o)

------------------------------------
大丈夫の詩、作ったよ^_^
黒瀬直紀

「 大丈夫 」
悲しい出来事
泣きたい気持ち

大切なことを忘れそうになる

そんな時は一人空を見上げる

言葉にできない想い
涙に溶けて
大地に流れた

優しい風
魂までもぎゅっと抱きしめる

大丈夫
その一言だけを残して
微笑み 去った

人と違うこと
不器用なこと

うまく話せない日も
病気の時も
雨の日も 闇の時も

そのすべてを抱きしめ微笑んだら•••
そのすべてを許し微笑めたら•••

僕は僕でいいんだ
君は君でいいんだ

大丈夫の言葉
神様がささやくいつもの言葉

大丈夫 大丈夫だからね
何より確かな魔法の言葉

大丈夫 大丈夫だからね
いつも寄り添う魔法の言葉

命の雫〜みんなでひとつ ーEGAO DE コラボー

「1+1は?」という問いに対して
ある子供が目の前にある
粘土をひとつにくっつけて……
「大きな1」
とニコニコしながら答えました
全てはひとつ
笑顔は心の光ですね(((o(*゚▽゚*)o)))


----------------------------------------
「命の雫〜みんなでひとつ」黒瀬直紀

地上に舞い降りた命の雫

僕も 君も だれもかれもが

ひとつを生きる命の仲間

勉強が苦手でも
身体が不自由でも

命はいつだって輝いているんだから


泣いている時も
笑っている時も

そのままの輝きが大好き
そのままの君が大好き

情けなくても
人から笑われても

どうか君は君を抱きしめて
どうか君は君を許してあげて

みんなでひとつ
ひとつの命


地上で遊ぶ命の雫

僕も 君も 人種を越えて

ひとつに繋がる命の家族

自分が嫌いでも

人を愛せなくても

命はいつだって輝いているんだから

楽しんでいる時も
落ち込んでいる時も

ありのままの笑顔が大好き
ありのままの涙が愛しい

悩んでいても
人から拒まれても

どうか君は君を抱きしめて
どうか君は君を認めてあげて

みんなでひとつ
ひとつの光
<<back|<1234
pagetop