December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「 大調和 」「空の教え」

「 大調和 」

ありとあらゆる欲望を
思い描いた後
もうこれ以上なんにもない!
というところに訪れる
「空」

空腹感を超え
肉体を越え
心の揺れも超えて
意識の枠は
どこまでも広げていける

果てしなき無限世界への第一歩!
空への近道 ! それは
両親との和解
家族のハーモニー
そしてすべての人との大調和

相手がいる限り
対象物が存在する限り
調和は訪れない
調和とは
相手が消えて自分と1つになる事それを表現することが
☆*:.。. 「 愛 」.。.:*☆

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「空の教え」

空、遠いようでとても近い

いつも人間を見守ってるから•••

空から見る世界

人間はちっぽけな存在
そして人間は偉大な存在

その気になれば
意識を広げて空にだってなれるのさ

肉体を超えること
枠を超えること

目に見えるものに囚われるのも
終わりにしないかい

いつだって目に見えないものの
ほうが遥かに多い

はかなさを掴むなかれ

無限に広がる自分であれよ

海になる
風になる
星になる

想うことから世界は始まる

歴史に縛られるな
社会に縛られるな
地球でもまだ狭い

果てなき無限にいざ行かん

「光の色は色温度」「色彩を想う」

「光の色は色温度」

色は重ね合わせて黒になり
光は重なるほどに白になる
色の黒には無数の色が含まれ
光の白には虹色が輝く
色を感じ味わう
心と魂に
神の愛の豊かさが伝わる

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「色彩を想う」

鮮やかな緑

鮮やかな青

自然界が放つ色

それは魂にまでも染み込む

人が持つ悲しい想い
人が背負う重い荷物

そのすべてに寄り添うように
自然界の色
祈りとして

無限の色彩
無限の組み合わせ

神様はこの世界をモノクロに
していない

色の変化を楽しむこと
色という色を味わうこと

神様はアートの天才だ

魂のカラー 無限にある
心のカラー 無限にある

色を受け取ること
色を味わうこと
色を放つこと

人生の色彩
多様だから味わえる

千変万化の景色
ただただ戯れてごらんよ

「 コズミックスマイル」「宇宙うたう」

「 コズミックスマイル」

宇宙の光は森羅万象
すべてに宿り
遠くにもあり近くにもある
ただあなたがそれを
受け止めるだけ

宇宙は広大無辺
終わりもなく始めもなく
すべての全てで
愛と調和の下に
あまねくを兼ね備える

無限の広がりの中で
神秘なるこの世界を捉える第一歩
それは自らの中に宇宙意識を宿すことから始まる
それがコズミックスマイル

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「宇宙うたう」

一輪の花 心に灯しては

宇宙を想う

それは瞑想だ
それは祈りだ

風になる
星になる
命響かせる

大好きの気持ち
愛してるの言葉

すべての光を集めて

すべてへと散りばめる

わたしはあなた
あなたはわたし

争いは自滅
否定は悲劇

悲しい歴史よ
花吹雪となれ
光へと還れ

笑いあうこと
抱き合うこと

優しさで響きあえば
大きな愛になる
大きな Iになる

微笑み合うために分光した
愛し合うために分光した

我ら一つ光なり
我ら一つ愛なり

宇宙のうた今ここに

「笑顔の注意信号」「風になって」

「笑顔の注意信号」
SOSはあなたの心が
0になるまで
スマイルとスマイルが
寄り添っている姿に
見える私は変ですか?

どんな窮地にあっても
万物の笑顔があなたに
寄り添っていることを感じるだけで
何事も「初期化」出来てしまいます

「1 」から再び立ち上がる
その前の「ゼロ」こそ
大いなる愛を感じる時
安らかで透明な世界

そこに吹くおだやかな風が
優しい笑顔を運んでくれる

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「風になって」

安らぎとは初めから
自分の中にあるもの

透明な風がそっとささやいた

人ごみにまみれて
心を失いかけた僕に

安らぎを取り戻してくれた
優しい風の精

ちょっとしたことで
心は飛んでしまうから・・・

神様はいたるところに
メッセージを託している

ささいな光の点滅を
見落とさないで

小さいけど温かな声を
聞き逃さないで

君らしさを守ってあげたい
君の心を抱きしめてあげたい

冷たい社会のまなざしに
心がくじけそうになったら

目をつむってSOSしてよ

風になって
声なき声として
優しい光になって

君を守るため
君を守るため

君が大好きだから

君を抱きしめるから

闇が溶けるまで
君が笑うまで

「 出愛 」「愛言葉」

「 出愛 」

人はつまずいた数だけ優しくなれる
人は愛した分だけ深くなれる
人は与えた分だけ豊かになれる

人と人は会ってはいても
出逢っていない時がある
縁は温め育てていこう!
愛は受け止め続けること

人と会うと言うことは
実は自分自身と出逢うということ…
自分の中の愛が完結すると
会えなくても通じ合えるようになる
そこから本当の出逢いがはじまる

たとえ背中合わせであっても
地球一周分の愛はまた出逢う

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「愛言葉」

愛しあったからこそ
分かることがある

傷つけあったからこそ
気づくことがある

笑顔の数 涙の数

すべては僕らを豊かにしてくれたね
すべては僕らを優しくしてくれたね

会ってても
会えなくても

目には見えない何かの力が
魂と魂を結びつけている

想うこと
祈ること

あなたの喜びは僕の喜びとなり
僕の幸せがあなたを幸せにする

照らす太陽
輝く星
回る地球

広大な宇宙で出会えたという
あたりまえの奇跡

愛しあう魂にはあまりにも当然で

無限に広がる宇宙では考えられない
奇跡

愛してるの言葉なんか言わないよ

神様が1万回僕らを引き離したら
僕は1万回あなたを探しに行く

本当の愛の証明

言葉を超えたところに真実はある

虚構の愛
真実の愛

僕はいつだって真実を選びたい

神の子の尊厳
僕が僕であるために
君を本当に愛してると言えるように

ただ一点の曇りなく
晴れ渡る空の如く
晴れ渡る
<<back|<1234567>|next>>
pagetop