July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「光の色は色温度」「色彩を想う」

「光の色は色温度」

色は重ね合わせて黒になり
光は重なるほどに白になる
色の黒には無数の色が含まれ
光の白には虹色が輝く
色を感じ味わう
心と魂に
神の愛の豊かさが伝わる

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「色彩を想う」

鮮やかな緑

鮮やかな青

自然界が放つ色

それは魂にまでも染み込む

人が持つ悲しい想い
人が背負う重い荷物

そのすべてに寄り添うように
自然界の色
祈りとして

無限の色彩
無限の組み合わせ

神様はこの世界をモノクロに
していない

色の変化を楽しむこと
色という色を味わうこと

神様はアートの天才だ

魂のカラー 無限にある
心のカラー 無限にある

色を受け取ること
色を味わうこと
色を放つこと

人生の色彩
多様だから味わえる

千変万化の景色
ただただ戯れてごらんよ

comments

   

trackback

pagetop