September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「 下山 」「命の元へ」

「 下山 」
登山家にとって大切なこと
それは登ったからには
降りるということ
エベレスト制覇と称えられる
のも
降りてきたからなのです
登ったままなら 遭難です!
ソウナンです⁉

人もまた
頂点を極めようと頑張ることから
これからは
降りていく生き方をしよう
頂点を目指すときは
一人抜きんじることがあっても
降りて行く時は
仲間がいるほうがいい

「あの坂は大変だったねぇ」と
登る時の苦労話などしながら…
急がず ゆっくり
麓の景色を愛でながら...

しかし足腰だけはしっかりと
すべらないよう気をつけよう
だから何より
謙虚さたけが命綱!

登る時は太陽に向い
降りる時は太陽を背負う
今こそ太陽を背にして
すべての人を照らす側に
なりましょう!

福田純子
(=´∀`)人(´∀`=)
黒瀬直紀

「命の元へ」
魂に想いは瞬時に伝わる

その確信を胸に

目をつむり、魂へごめんなさいを
伝えた

未熟さゆえに傷つけることがある
未熟さゆえに誤りを犯すことがある

素直な心で
素直な言葉で

その想いを伝えたい

たとえ会えなくとも
魂は分かるから・・・

謙虚さはそのまま祈りとなる

登りつめる生き方
降りていく生き方

競争より共創に焦がれた時

すべての命が
神仏の姿として浮かんできた

太陽を拝み
月を拝み
命を拝む

風に吹かれ
大地に抱かれ
木々に教わる

僕の行く末
流れのままに流れるままに

宇宙に捧げる
僕という命

あなたも僕も
すべてが溶ける命の元へ

comments

   

trackback

pagetop