April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

年明けのご挨拶

アッという間に松の内も過ぎ、お正月気分も何処へやら…
ところが、純子先生の「新年のご挨拶が欲しい」というご連絡が多く、
ここにアップいたします。
今年のラッキーカラー「赤」満載で…
縁起物ですよ!

年明けのごあいさつ こちら

笑顔の仕事人の巻

自分の職業に誇りを持ち
とてもイキイキと生きる
笑顔の運転手さんに出会いました
その前はトラックの運転手をしていらしたのだそうです!
「母が男だったら良かったのにねと言うのですが、女でも運転してる時が幸せなんですよ!」と。
こんな素敵なタクシーに乗せていただき、幸せいっぱいで
船井総研の松下さんとの会食打合せ!
ここでも「僕は今まで恵まれ過ぎてお返しが出来てないんでいつも申し訳なく有難く思って生きているんです〜」と。
感謝の心いっぱいで働いていらっしゃる皆さん!
やはりとてもいい笑顔です!
優しい気持ち満タンで帰宅し、
最後は一日遅れの菖蒲湯で……
今日もうっかり幸せです〜(o^^o)




民族大移動の巻

ゴールデンウイークのフィナーレ!
羽田空港も福岡空港も博多駅も
どこもいっぱいです。
正に現在の民族大移動!
少しは地球さんの活性化に
つながったのでしょうか?
少なくとも
「楽しい笑ネルギー」は
きっと日本列島を
温めたことでしょう(o^^o)
明日からは自前でゴールデンタイムを生み出していきま笑!




特別席でうっかり幸せの巻

今日の夕食は韓国料理!
「カウンターの席しか空いていないんですが……」と誘われ「いいですよ」と答えて座った場所が、何とスカイツリーの
真ん前でした!錦糸町アルカキットの10階から観る夕陽もとても綺麗で……
やがてスカイツリーも
ライトアップされます!
神様のご褒美のような一日に
ただ感謝しつつ……
さあいよいよこれから
私の授業!この喜びをお福分け致しま笑! (o^^o)





博多は祭り一色の巻

5月3日4日に行われる
博多どんたく港まつりに
200万人の人が集まって、
福博の街は祭り一色で賑わいます
かつて笑顔共和国も1988年から
12年にわたり出場し、
数々の賞をいただきました。
12年目最後の出し物は
四国よりアークの柩をお借りして
世界の王のパレードで終わりました。
「祭り」とは
神と人とを合わせ祭る
神様は人々の喜ぶ様を
愛して下さるのですね
懐かしのアルバムを見ながら
心ときめくゴールデンウィークです!















蕎麦はここが旨いの巻

今日から東京です!
両国に私の行きつけの
実にご機嫌な蕎麦屋
「 業平屋 」があります!
ご主人がみのもんたさんそっくり!目も二つ、口もひとつ、
全部一緒です☆〜(ゝ。∂)
みのさん同様とても味のあるお蕎麦を満喫しました!
今日は初夏から限定のトマト蕎麦とデザートは自家製の苺シャーベット!なぜこのトマトと苺なのでしょう?今日のラッキーカラーは赤なので〜す!
ご馳走さまあ〜(^з^)-☆






生死を乗り越え 永遠の魂で生きる人の巻!

新刊「大丈夫は幸せになる魔法の言葉」の本で、「病んでも癌でも大丈夫!」の項目では癌の末期の方の手記を実名で載せています!彼女が、病気を通じてそれ はそれは様々な体験をし揺るがない「絶対調和の心」を手にしていくまでの実体験はとても感動です!本が出る頃まで命が持つかどうかと言われていたにもかか わらず今も 元気に子供のためにやる事もちゃんとやって誰よりも明るく逆に皆を励まして過ごしているそうです
お医者様からは不思議がられているとか……生死を乗り越えた魂のスタミナ抜群の桐谷芳江さん!今日はお母様とおばさまが対馬からわざわざお礼に来て下さいました!イキイキと生きるって素敵ですね(o^^o)今日も素敵な笑顔に出会えてうっかり幸せです!





愛から生まれるから 愛出あ(アイデア)の巻

Facebookで人気の詩人
黒瀬直紀くんとは3月に運命的な出会いをし、今では魂の親子として毎日語り合い高めあっています
直紀くんの本当のお母さんは
黒瀬邦子さんニックネームは空茶です!邦子さんとも姉妹のように結ばれ、新しいファミリーが出来ました。そんな絆からまた1つ素晴らしい作品が誕生です!愛いっぱいの妹の「書」ぜひご覧ください(^з^)-☆


---------------------------------------------

わら文字を書いてみました♪

ファンになりました笑顔共和国♡福田純子さんの「人生は舞台 人はみな大魂役者」 の言葉を書いてみました〜♪ どお?


「種をまくこと」

 永年「笑顔の種まきのお百笑」を
ライフワークとして生きてきた私にとってとても励まされた
鈴木七沖さんの「種をまくこと」の詩をシェアさせていただきます!

-----------------------------------------------

「種をまくこと」鈴木七沖

人生をひとつ終えるとき
必ず聞かれることが
ふたつあるのだと知りました

人生を楽しみましたか?
人に親切にしましたか?

もし親切にすることが
楽しみに代わるのなら
素敵ですよね

では、どうすればいいのか?

それは「種」をつくることです

受け取ってくださった人が
心の中でお水をさし
芽が出て 花が咲いて
新たな種を宿したなら
今度はその人が
「種まき人」となるような
種の元を創造することです

だからといって
何か特別なことをしなければ…
そんな思いは必要ありませんから

ひとつだけ

幸せをイメージしながら
種を創造することです
あなたのまいた種が
広がって広がって
それが人様のお役に立つのだと
信念をもって 心を定めて
諦めず ヤケにならず 淡々と
幸せが広がることを願いながら
やり続けることです

大切なこととして
もうひとつ
あなたが楽しむこと
種づくりを楽しむこと
それで魔法がかかります

今日も明るく元気よく
ひとつ思えば
小さな種がひとつ
心の中で芽生えます
芽生えたなら 育てて飛ばす

それがあなたの志事です

ー自分を知りましたの巻ー

この度フジテレビの「ペケポン」という番組から出演依頼をいただきました。若い頃アナウンスの世界で15年間マスコミに育てていただいた私にとって、テレビラジオのお仕事は原則すべてお受けするというスタンスでいますが今回の番組はなんと‼
デヴィ夫人率いるセレブ軍団からのコメンテーターの1人として、品定めをし値段をつけると言う内容だったのです。
安くて良いものを見つけるのは得意な私ですが、
「物を見て、価値を見出し品定めをする」と言うスキルを全く持っていなかった自分に気付かされました。「心」については笑顔の側からいくらでもコメントが出るのですが今回ばかりは傲慢にもお断りせざるをえません。何事もバランスが大事ですね!これからは心だけでなくいい物にも目を向けて
「器形に光を見つめる目」を養うようにいたします!ディレクターさんすみません(~_~;)良い気づきを与えて下さって
ありがとうございます!

iPhoneから送信
1
pagetop